スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インキャノン

①パス出し
 アタッカーであれば与沈を挙げればヨッシャ-と思うが、インキャノにとってヨッシャ-と思う瞬間は、相手の位置と味方の位置を見て、絶妙のタイミングで白兵に入り、即抜けで絶好のパス出しをして味方カロが抜けクリを決めた時。この時は気持ちがいい^^

②相手カロアタッカーのマーク
 キャノにつかれた相手カロは回避連弾を入れざるを得ない。もし入れなければ横撃ちで耐久を削ればいい。カロは水平弾道貫通まで入れて、初めてその真価を発揮する。回避連弾を入れさせた時点で相手カロの攻撃力を半減させることができる。

③機雷で相手の耐久を削る
 インで白兵するので敵が多い環境にいることが多いので、機雷を撒いて相手の最大耐久を削っていく。一つでは5しか減らないが、こつこつ積み重ねていくとかなり削ることができる。相手が除去を入れてきたらそれはそれでスキル枠を削っているので桶。ちなみに相手も同じことをするので、自分も除去がないと逆に自分が削れるw

④白兵時の情報収集
 流れ時は攻撃、回避操船、修理外科支援といろいろ忙しいが、白兵時は多少落ち着く。白兵時は落ち着いた中で、敵味方の状況把握、敵の耐久チェック、味方の耐久チェックなどの情報収集ができる。情報収集し、「旗f」「○○の耐久が低い」など、必要な情報を味方に伝えるのも重要。
 一義的には全員が行うべきことであるが、インキャノは白兵の機会が多いので、キャノの役割として挙げる。

こちらからの引用
海事がんばる日記♪
スポンサーサイト

防御を優先

艦隊戦は、防御7攻撃3の割合で防御優先

 攻撃で与沈した方が楽しいから攻撃的にいってしまいがち。だが、艦隊戦では先落ちして4-5になった方が8割方負ける。なので、まず防御優先。そのうえで攻撃。

 優先順位は次のとおり。

 ①防御:自分が被沈しない
 ②防御:味方を被沈させない
 ③攻撃:パス出し
 ④攻撃:抜けクリ

こちらからの引用
海事がんばる日記♪

機雷についてちょっと

①機雷はしっかりと撒く。

相手の耐久狙いや砲撃とのコンボを狙うために機雷を有効に巻いているか、
修理以外の支援も結構出来るようになったとは、
これが出来るかが上手さを分ける、結構重要なポイントだと思います。

ツールを見ていると、上手い人は操作に余裕があるのか、
本当にいっぱい撒いてます。
多い人は一戦で100発以上撒いてる事も多いと思います。

機雷は艦隊全員で撒ける数に限りがあるので、
無駄に多く撒きすぎると大事な場面で撒けなくなります。
撒いた機雷は一定時間消えないので、
如何に誰も踏む事の無い不の財産である機雷を撒かずに、
相手に踏ませるかがポイントですな。

敵が自分のお尻を追っかけて白兵や砲撃をしようとしている時は、
あえて旋回を遅らせるなどして機雷を上手く踏ませる事が出来る事が最近分かってきました。

また、余裕と時間があれば、
抜けクリを狙っている、狙いに行く間に、
白兵してる敵の周りに撒いて、
抜けクリとのコンボを狙うってのも、
言うのは易しですが、頑張って行きたいポインです。


こちらからの引用です
デブログ

回避操船を優先

・スキル発動より、修理より、手桶より、回避操船を優先

 回避連弾切れでも、浸水していても、クリさえ喰らわなければ被沈しない。

 回避切れの時はすぐ回避を入れて安心したいところだが、スキル発動はそちらに気がいってしまい被クリしがち。

 混乱もすぐ統率したいところだが、そのまま混白になっても味方の外科支援で即拿捕にはならない。被クリだと即沈する危険性大。

 まず回避操船の舵入力を優先。

 そして旋回待ちのタイムラグの間にスキル発動。

 同じ理由により、救助や消火スキル発動する場合も舵入力後のタイムラグ中に行う。

 耐久が減っている時の修理や、船員が大きく減っている時の外科も、味方の支援頼みで、まず回避操船。


こちらから引用
海事がんばる日記♪

白兵考察

今日の洋上戦においては、『白兵戦が行われている場所が戦闘の中心』になる。

現在洋上戦のトレンドは、白兵中の敵の船尾(船首)に移動、ここに停止し白兵撤退直後を狙い打つといったものだ。当然黙って撃たせる手はないのでこれを妨害するために味方の船尾に着いた敵を排除、または妨害すべく行動する必要がある。白兵戦が行われており、味方の船尾に敵がついて狙いをつけている状況。どう行動するべきか?敵がそうしているのと同じように白兵中の敵の後ろに回って同じようにクリティカル砲撃を狙うべきか?味方を見殺しにしてまで。

敵が旗艦であり、抜けクリ技術に自信があればそれは採り得る選択肢だと思う。だがそういった決定打を放てる状況でないのなら、味方の救援に動くべきなのである。
具体的には敵に白兵を仕掛ければ味方が安全に撤退できる時間を稼げるだろう。撃沈に固執すると敵の砲撃チャンスを潰せないので、移動中に一発撃って当たらなければ素直に白兵にいくのが吉。

戦闘中に抜けクリを演出する機会は何度か訪れる。敵1に対し味方2、他の敵が比較的距離がある状況。味方のどちらかが白兵を仕掛ければチャンスが作れるわけだ。この段階で先攻、後攻を味方に伝え、撤退タイミングを教えることが必要になる。逆に自分が抜けクリを狙われた場合、慌てて撤退してはいけない。味方が付近にいれば救援が期待できるので、自ら撤退をしないほうが吉である。・・・まあ敵が撤退するからダメなときはダメなのだが。白兵を維持したいときなどは偽造通信文などを使ってやるのがいいと思う。若干でも敵の撤退率に悪影響が出ると思われる。


こちらから引用
とある英国私掠の日常。
プロフィール

疾風迅雷

Author:疾風迅雷
大航海時代online
疾風迅雷
サーバー:ぼれあす→Astraios
国籍:ふらんす
商会:Fantasista →あるふぉーと
2012/2月~
キャラ消滅(ll๐ ₃ ๐)

1stアカウント
ぷれみあむ
国籍:ふらんす
商会:愉快なサーカス団

なんばしよっと
国籍:ぽるとがる
商会:愉快なサーカス団
造船&生産のみ

2ndアカウント
天真爛漫
国籍:ぼんじゅーる
商会:GourmetJourney

3rdアカウント
ぐろーるしゅ
国籍:いんぐらんど
商会:英・東インド会社



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃい
お気に入り!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
5512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
267位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。